春ぢゃのおぉぉ <蕗の爐離螢哨奪>

冬の食べ物、根菜は、色んな栄養素などを良くも悪くもしっかりため込んだ野菜。
そんな根菜類を食べて冬を越した私達は、春、解毒剤である新緑を食べ、身体に溜まった毒素を中和させるのだと言う。春の滋味に苦味が多いのはその所為とか。
どこかで聞いたか読んだかした話で、出典も忘れたし、その科学的根拠なども今となっては定かではないのだが、それが本当だとすれば、自然というものの大きさ、その合理性などを改めて感じざるを得ない。
とても好きな話なので、私はその話を信じる事にしている。

5〜6年前になろうか、駒沢にあるイタリア料理屋で、蕗の爐離螢哨奪箸鬚い燭世い拭

その日のリゾットは2種類、アスパラガスと蕗の燹
私は迷わず蕗の董を注文。
2種類のチーズと刻んだ蕗の董だけというシンプルなリゾット。またそのシンプルさが蕗の董の滋味を引き立たせる。
シェフが休みを使って山に取りに行って来たという蕗の董は、その辺の八百屋で売られているものとは比較にならないほど香りが立つ。美味。
その時一緒にいた夫は(当初アスパラガスのリゾットを注文したが)、蕗の董のリゾットをお代わりしていた。(人の取ったくせに てめー)

◆お店データ:どうしても行きたい人の為に
この頃はわりと一品づつ頼むような注文の仕方や、それに合わせた飲み方などでき、気軽にふらりと立寄る事ができたのだが、その後、コースを主体にしたメニュー構成になったため、敷居が高くなった。
昔のやり方の方が好きだったので(お仕着せのコースメニューは嫌いなのだ)敢えてここには店名をあげないことにする。ただし今でも、夜でも3、4千円のリーズナブルなコースメニューは健在らしい。
料理のセンスとコストパフォーマンスの高さはそれなりに評価するのだが。。。
場所は駒沢通りと目黒通りの中間、自由通り沿い。巨大な植木屋さんの向かい。
この辺りには2軒イタリア料理屋があるのでそのどちらか(名前忘れた)

*2001年、近くに行ったので覗いてみようと思ったら違う店になっていた。閉店したのか、移転したのか。残念。
| 野菜 | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM