<< 島らっきょう | main | たけのこのこのこ >>

桜転じて蕎麦となる

煮穴子 そばがき 十割蕎麦
本来なら花見の予定だったのだが、開花が遅れそうということでやめ。代わりに何かやらないのぉ?というリクエストにお応えして蕎麦会を決行。

外堀の桜のつぼみをチェックしながら店に向かう。まだぎゅっと硬い感じ。やっぱやめて正解だったね。
店に着くなり、やっぱ蕎麦湯割でしょってことで焼酎をボトルで注文。
おつまみは、ゆば刺・生のり・桜刺・穴子白焼&煮付・蚕豆&こごみ&ふきのとうの天ぷら。どれもなかなかの出来で、うまいつまみと楽しい会話に焼酎がさくっと3本空く。最後の1本は銘柄を変えてお願いし、とどめのそばがきを6つ、ためらいがちに注文すると、お店の小姐もさすがに苦笑しながら厨房に伝えるしかなかったご様子・・・2〜3個でもきつい注文を、すみませんです。
(とここで、飲み食いに夢中でまた写真を撮っていなかったことに気がつく。あ・そーだ!ってことでHPやブログをお持ちのみなさまと急遽撮影会(^^; 何とか撮れたのは、煮穴子の最後の一切れ・そばがき・十割そばのみ。いつものことだが、どーもうまそな食べ物目の前にすると食べることが優先になってしまふ・・・)
そばがきを硬くなくゆるくなく、ねっとりもっちりと上手に作って出してくれる店は本当に少ない。こちらのそばがきは、とろみの強い蕎麦湯に浸して供されるのだが、いい具合に練り上がっていた。わさびを乗せて、一緒に出された醤油(出汁醤油?)をちょぃとつけていただけば、蕎麦の香りが喉から鼻に抜けるように広がる。ボリュームもたっぷりあるのだが、ぺろっと平らげてしまった。
つまみ食べ食べ思ったのだが、この店は醤油、塩、山椒といったアイテムまで気にして使っているようで、その細かい気配りがさらにつまみを嬉しくする。
結構おなかいっぱいになったね、ということで十割を6枚だけ頼んだのだが、うまいものはいくらでも入るのね、4枚追加(笑)
2枚目はちょっと趣向を変え、七味と辛味大根でいただいてみた。これにはそばがきの時にいただいた醤油がとても合う。きりっと締まった感じでまた入ってしまう。おなかいっぱいなのに〜。

ごちそうさまでした。ああ、満足。

◆お店データ
蕎楽亭:03-3269-3233 外堀通りの市ヶ谷と飯田橋の中間(市ヶ谷寄り)にある、牛込中央通りを中程まで上がった左手側
http://www.kyourakutei.com
| お気に入りの店 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/97478

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM