<< 小女子 | main | 桜転じて蕎麦となる >>

島らっきょう

おそうじ終了 島らっきょうおかかまぶし
ハッピーフィールドから島らっきょうを戴いた。
  (写真左から 泥つき、お掃除終了・真っ白でつやつや〜、おかかまぶし)
食べ物屋で島らっきょうを頼むと、谷中生姜みたいに味噌をつけて食べるとか、昆布と漬けてあるものとかが供されるが、うちでの一番はこれ。
単に刻んで、これでもかって程の鰹節をまぶし、お醤油で味付け。これは酒飲みにも飯食いにも合う一品。ただ、これ程の量があっても実際作ると随分目減りしてしまうので、お店で出すにはコストパフォーマンスが高くなり過ぎてしまう。かなり贅沢な食べ方だ。
島らっきょうは、らっきょうの香りはするが臭いというほど強くない(勿論、嫌いな人は嫌いなんだろうけど)。また、まだ出始めということもあり、辛味も柔らかく厭味がない。鰹節とまぶしただけでも食べられてしまうくらい。
今回もまた、こんなに要らないよというくらい鰹節を削って島らっきょうとまぶして食べた。うますぎ。削りたての鰹節だってのも一役、いや、二役くらい買ってるな。
またぶっ掛けごはん2膳食べちゃった(・・・それより、戴きもので毎日食い繋いでないか?(^^;)

◆お店データ
ハッピーフィールド:03-3331-1718 京王井の頭線久我山駅を降り、南口の商店街を久我山病院方向へ。右手にある交番・久我山会館を超えた先
| 野菜 | 00:39 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM