<< 2005/02/07のワイン | main | たまたまちゃん >>

あすかルビー <いちご>

あすかルビー

ハッピーフィールドで買ったいちごです。
風邪ひきpちゃんにおみやげで持って行ったのもこのいちご。
包みを解くと、いちごの香りが部屋中に飛散する。それだけでも春の訪れを感じられて幸せ♪ (最近のいちごの「旬」は冬だと言う話もあるが(-_-;))
甘いだけでなく、いちごらしい酸味も程好くあり、身もしっかりしていて噛み応えがあるのだが、芯のところががりっとくるような硬さがあるのとは違う。よくできてるもんだねぇ。
いちごの食べ方についてはpちゃんのブログに書いたのを以下に転載。

いちごはへたを取ってへた側(白い方)から食べるんですにょ〜ん。そすると最後に一番甘いところに辿り着いて幸せな気分で食べ終われる、とはまぁ想像しやすい話ですよね。
でも実は、例えばいちごを一口で食べた時、舌の根元側にへた側を乗せるように食べると、舌の味覚をよく感じる場所<甘味―舌先・酸味―両脇・苦味―根元>の近くに、いちごの<甘味の強い部分・酸味の強い部分・苦味の強い部分>がそれぞれ乗っかり、いちごの持つあじわいを一番効率良く感じることができるということです。
まぁ、最近のいちごは粒の大きいものが多いから、一口で食べようとすると窒息するかもしれないケド。

◆お店データ
ハッピーフィールド:03-3331-1718 京王井の頭線久我山駅を降り、南口の商店街を久我山病院方向へ。右手にある交番・久我山会館を超えた先
| くだもの | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/83381

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM