<< 蕎麦会 | main | 2005/01/17のワイン >>

年越し蕎麦

20年来付き合っている豆腐屋が市ヶ谷にある。その豆腐屋の手前に数年前できたのが、蕎楽亭(きょうらくてい)。
前を通る度にいつも「石臼挽き」「手打ち」の言葉に惹かれていたのだが、数ヶ月前に初めて食べて気に入って、以来、豆腐屋に行く時には必ず持ち帰りを作ってもらって帰っている。
所謂「手打ち蕎麦屋」で出す量の軽く倍はあるのに、つなぎを1割入れたざるは900円、玄そばを使った十割でも1000円という安さ。
何より気に入ったのは、十割でも細いこと。
よく「田舎蕎麦」として出される十割り蕎麦は繋がりにくいため、普通より太く切られて出され、ごわついた感じを受ける場合が多いが、これはいただけない。しかしここは違う。あくまで細く、蕎麦のつるっとした感触、一噛みすればはらりと崩れてゆくはかなさをきちんと堪能することができる。
しかもここのつゆは私の好きな、しっかりかえりの辛めつゆ。つゆの好みは様々だが、本来の江戸の蕎麦はこうでなきゃ。
某千葉の蕎麦屋の打つ蕎麦と比較するつもりはないが、足の運べる範囲でこういうちゃんとした蕎麦を出してくれる店を見つけられたのは本当に嬉しいことである。
という訳で、昨日に続きまた蕎麦(笑)

ネットで評判を見てみると、ここは冷麦もうまいそうだ。夏になったら試してみようと思っている。

◆お店データ
"蕎麦を食う風情"という意味ではちょっと店内が味気ないかとも思うが、店を食べるわけではないのでこの際気にしないことにする。HPを見ると、カウンターにこだわりをお持ちのようだ。ふらりと立ち寄り、止まり木に止まってみるのも一興かと。
蕎楽亭:03-3269-3233 外堀通りの市谷と飯田橋の中間にある、牛込中央通りを中程まで上がった左手側
http://www.kyourakutei.com
| お気に入りの店 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/83379

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM