<< 2004/12/28のワイン | main | 年越し蕎麦 >>

蕎麦会

蕎麦打ちで有名なT名人が蕎麦会をするというので、行ってみるかということになった。
朝起きてみると雪。その瞬間から嫌な予感は始まっていた。
永田町と言われたので、永田町で降り(地下鉄からも降りると言うのか?)、つるつる滑る道を強引にがんがん歩いていくが、行けども行けども店わからず、結局遅刻。お待たせしたみなさま、すみませんでした。<(_ _;)>
本日の会場である「黒澤」は、黒澤明監督の息子が経営する店。ちょっと風情はあるものの、こと料理に関しては・・・。
店に入ると、「蕎麦の神様T氏」が手打ち姿を披露していた。かぶりつきの椅子に陣取り、蕎麦粉を浴びながらありがたくT名人を拝んでいる方々が10人程。その蕎麦粉の蔓延した部屋で、くしゃみをしながらしばし待たされた後、奥の座敷へ案内された。
セット(4,200円)には蕎麦2枚と蕎麦味噌・鶏わさ・冷酒orビールが含まれている。先ずは今年もお世話になりましたと、みなさまと乾杯。冷酒は四季桜。良かったね、今が冬で。いつだったか夏に長坂に行った時の菊姫はひねてたもんね。
御酒に蕎麦味噌、いいねぇ♪と蕎麦味噌をなめるが、甘い。これは菓子か。酒の進むシロモノじゃないぞ。んじゃ鶏わさはと箸をつける。鶏肉はともかく、醤油が…これはかえしだ。昆布でも入れて出汁醤油にするならわかるが、かえしだと鰹節の香りが出て邪魔になる。それもうまく作られているのならいいのだが、これはどこか間の抜けた感じの軽いかえし。しまらねぇなぁ。
・・・とここではたと気がつく。このかえしで蕎麦食えってか?
そんな不安を、ご一緒したみなさまと楽しくお喋りすることで紛らわしているうちに1枚目の蕎麦が出てきた。2枚目は時間差で持って来るとのこと。そりゃのびるもんね。今時の小洒落た店よりは盛りは多い。細さもいい。って、T氏は二八だったっけ。
一口目、つゆをつけずに食べてみる。二口目、今度はつゆをつけて食べてみる。なるほどね。しっかりした江戸前の辛いつゆにすると、元々あまりない蕎麦の香りも味も消えてしまう。だからあんな薄いかえしだったんだ。納得♪
って、もっと味も香りもしっかりした蕎麦出せよっ (ノ-_-)ノ "┴┴"

所詮「翁」だな。(とここに来て実名出したりする)

その後気分転換に、向かいにあるキャピトル東急でお茶。中庭の池に落ちてゆく雪を眺めながらのホットココアでほこ〜。
あ、いや、でも楽しかったですよ。
追加の蕎麦のつゆをいつまでも持って来てもらえなかったことや(結局持って来なかった)、蕎麦が乾くという理由で暖房がなく凍えながら食べさせられたことや(雪降ってるんだから、掘り炬燵の足元だけでも暖房入れろよ。大体、そこまで細かく言う程の蕎麦かぃ)、後から隣に来た団体どものマナーの悪さや、客によって態度を変えるかのような店員の様子とかは別として。

◆それでも行きたい人のお店データ
黒澤:03-3580-9638 千代田区永田町2-7-9 地下鉄溜池山王駅を出て北上、TBRビル向かい
| 戯言 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/83378

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM