<< 2004/10/03のワイン | main | 2004/11/21のワイン >>

鰹節の削り方を知っていますか?

鰹節削り
子供の頃どこの家にもあった鰹節削り器、覚えていますか?

私は鰹節・鰹節を削ることが大好きである。   猫かぃ(^^;

鉋(かんな)をひっくり返して乗っけた削り器に大切なのは、切れ味は勿論だが、それ以上に刃の出具合。出過ぎれば削った時に削り節が厚くてごわつき、引っ込め過ぎても削り節が薄くなり粉っぽく感じる。その間のちょうどいい加減にするのがなかなか難しく、これはやっぱりプロにお願いした方が間違いがない。
アメ横にある伊勢音には毎年、そろそろお正月料理の準備だなと思う頃に買いに行く事が多いのだが、今年は11月のうちに買出しに行った。伊勢音では、12月の繁忙期以外なら鰹節削り器の刃を研いでくれる。今回の買い物はそれが大きな目的だった。
念願の鉋直しをしてもらい、本枯れの鰹節など買ってこの日は帰宅。早く削ってみたいという理由だけで、今夜の食卓にほうれん草のお浸しが加わった。
鰹節には雄節と雌節がある。鰹の背中側を使った雄節は上品な味、腹側で作った雌節は濃厚な味わい、と違いがある。削り始める場所も雄雌違うのだ。
早速速鉋を箱に収め、削り始める場所を確認し、鰹節をそっと刃に滑らせる。
さすがプロ♪ なんといい具合に削れるもんなんだろう。薄いぎりぎり、はらりと崩れる直前で繋がっている。
刃に当てる感触も、端から端まで引っかかる感じもなく、かと言って上滑りすることもなく、当たり前のようにすーっと削れる。楽しい♪
しゅっしゅっという、軽く小気味いい音。
小箱を覗くと立ち上る、削りたての鰹節の 鼻をくすぐる心地良い香り。
ああ、幸せ♪
しゅっしゅっという、軽く小気味いい音。
小箱を覗くと立ち上る、削りたての鰹節の 鼻をくすぐる心地良い香り。
ああ、幸せ♪
しゅっしゅっという、軽く小気味いい音。
小箱を覗くと立ち上る、削りたての鰹節の 鼻をくすぐる心地良い香り。
ああ、幸せ♪
ついつい「こんなに要らないよ」というくらい削ってしまった(^^;
にゃんこのぽんちゃんにも幸せのおすそわけ。


*その時にもらった鰹節ひとくちメモを、画像としてアップしたかったのだが、読めるような大きさにするにはサイズがでかい(^^;ので、本家サイトでのみの公開にする。初めて使ってみる人にもわかりやすいようイラスト入りで解説されているので非常にわかりやすい。また、伊勢音のHPにも出汁に関するちょっとしたコツを紹介するページなどが見やすく作ってあり、ちょっと目を通しておくだけでも役立つだろう。


◆お店データ
販売用の削り節を作る時に、業務用削り器の受け箱の底に削り粉が溜まるのだが、それを集めたものが時々売られることがある。
量が多く取れるものではないので、ある程度集まったら売るというもので、運が良ければ、という程度にしか店頭には出ない。
そのけずり粉を湯呑みに2摘み位、上から熱いお湯を注ぐと、もう立派なお吸い物。
直しをお願いして待っている間にそんなお楽しみを出してくれる(時もある)。
伊勢音:03-3831-4411 台東区上野6−4−10 アメ横通り
http://www.iseoto.com/
| 戯言 | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/83376

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM