<< 2004/08/29のワイン | main | クロワッサン (雑誌) >>

ぎんなん


行きつけの焼き鳥屋で銀杏を出してくれた。その店で出してくれたのは、まだ出始めの青い色(緑色)の銀杏で、その淡い翡翠色に秋の近さを楽しんでいたら、店の人に「銀杏は青い方がおいしい。こういう銀杏は珍しいんだよ」と言われた。
へ? そぉかぁ??
確かに青いうちの銀杏は、苦味が少ない分厭味も少ない。出始めの頃のわずかな時期しか楽しめないため、わざわざ「翡翠銀杏」と名前をつけて有難がることもある。
しかし、収穫を少し遅らせた(若しくは収穫後少し熟成させた)黄色い銀杏の方が、苦味は少し強くなるが、味は濃く複雑になる。個人的にはこちらの方が好きだ。

青い銀杏は、厭味が少なく、上品な味で初物を楽しむもの
黄色い銀杏は、苦味も味も濃く、味を楽しむもの

「おいしい」ということには好みが入り、一概にどちらがとは言えないが、敢えて言おう
「黄色い銀杏はおいしい」「青い銀杏は嬉しい」
親しくしている八百屋さんには同意をいただけたが、みなさまは如何思われようか。
| - | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/83367

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM