<< 春ぢゃのおぉぉ・2 <たらの芽の天麩羅> | main | 夏バテ予防のマイブーム <ゴーヤの天麩羅> >>

春も終わりぢゃのおぉぉ・追記 <アスパラガス>

アスパラガスには2つの想い出がある。
私が広告代理店に勤めていた頃、親しい北海道の放送局の人が、毎年この頃になるとアスパラガスを届けてくれた。本当はローカル担当勤務の人たちに配る(要は営業を兼ねていた)のだが、何だったかのきっかけで結構親しくなり(と言っても、彼が弊社に来た時に タイミングが合えばお茶した程度なのだが)、私がアスパラガスを好きなのを知って届けてくれたのだ。
ある日打ち合わせから戻ってみると、机の上に何やら箱が置いてある。見ると「北海道○○農協」と書いてある。アスパラガスであった。
「そんなに好きならいっぱい届けてあげるね」とは言っていたが、1箱まるごととは・・・(^-^;)やはり、でかい土地(=北海道)で育った人はやることもでかいなぁ と感じた出来事である。(でもね、アスパラガスって時間経つと苦くなっちゃうから・・・食べるの大変だった(汗))

5、6年前、私は1ヶ月ほどパリに滞在する機会を得た。
寮への滞在だったので、毎日近くのMarcheやお惣菜屋で買出しをし、安ワインを抱えて部屋に帰った。(着いたのが金曜の夜だったので、土日は両替もできず、パンとチーズとワインだけ・・・。「これがふらんすぢゃぁぁ」と自分に言い聞かせた事もあったな)1週間ほどして様子がわかってきた頃から始めた食べ歩き。日本にも聞こえてくるような高級料理店ではなく、近くのキャフェのおねぃちゃんとかに聞いて行く小さな店々。お袋の味だったり、田舎の味だったり、立ち飲みのワインバーだったり・・・楽しかったなぁ。
帰国の日、市場で白アスパラガスを買った。
こちらではちょっといいものになると2、3本で500円位するのだが(その前になかなか売っていない)あちらの八百屋では同じ値段で1kg位買えた。
重たいほどのアスパラガスをナップザック(死語?)に放り込み、私は嬉々として帰国した。
成田には夫が迎えに来てくれていた。何か食べたいものある?と聞かれ、私はすかさず答えた。
「フランス料理!」
「一ヶ月もフレンチ食べてて、まだ飽きないの?」夫は呆れたような顔ををして言った。
白アスパラを持っていたので、おうちで作ってもいいよ、と言ったのだが、結局は食べに行くことにした。
カウンターといくつかのテーブル席だけの、カウンターでは、ちょっと毒舌で面白いシェフと話しながら(料理する様子を見られる)食事をしたりワインを楽しむことのできる店。まさしくブラッスリーといった感の店だ。
シェフに頼んでアスパラを料理してもらった。まだ鮮度が良かったのでソテーしたアスパラに バターソースを絡めただけのシンプルなもの。
ぽりっとした食感。ほんのりした甘味と独特の香り。んまかったなぁ。
ワインは藁のような香りのする白をちょっと冷やしてもらったのだが、何だっけ??(汗)

アスパラガスが旬を迎えるころ、季節も間もなく初夏を迎える。

◆お店データ
最近流行りの、くだらないワインバーに行くよりこちらのほうがよっぽどお勧め。1品だけ頼んでワインを楽しむこともできる(はず)。ただし私のような持ち込みは、本当はいいのかどうかわからない(汗)
しらとり:03-3706-7158 世田谷通り世田谷信用金庫本店の先
| 野菜 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/83305

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM