<< 豪快な母 | main | 2005/07/18のワイン >>

日本古来のまくわうり


ハッピーフィールドの福田さんから、まくわうりを戴いた。

何度もご登場いただいている料理評論家・冬木れいさんのご主人であり、作家でもいらっしゃるO氏が「子供の頃に食べた、あのまくわうりが食べたい!」と 我儘 要望を仰っていたようで、福田さんがあちこち探し回った末、取り寄せたものだそうだ。

聞くところに拠ると、日本古来からあるまくわうりをお作りになっている方はもうこの方だけになってしまったそうで、折角なので親しい農家に頼んでこの輪を広めようと、種を分けていただけないかとお尋ねすると、もう高齢(80歳)なので、種を取るまでの体力はないとのお返事を戴いたそうだ。
そのおじいさまはまた、もう売り物にしているわけではないので、喜んで食べてくださる方がいるのならそれで満足ということで、お金を取らなかったのだそうだ。

そこで福田さんが考えたのが「まくわうりを残そう」プロジェクト。
この計画は
・瓜を食べた人はちゃんと種を取っておき、乾燥させて福田さんに渡す
・福田さんのおめがねに適った農家にその種を託し、育てる
・来年、できた実をおじいさまにお返しする
というもの。
おじいさまは、今まで作ってきて良かったとその話を大変喜んでくださったそうだ。

完熟するまで、あと1週間〜10日位か。完熟しないといい種は取れない。
いい話なんだけど、責任重大・・・。
やわらかな甘い香りと美しい山吹色のぷっくりした肌あいを楽しみながら、ちと緊張気味の母と私であった。


今時の品種改良して糖度を上げた果物とは違うので、ほんのり甘い、という程度と思っていたら大間違い。しかし、べたべた甘いという感じではなく、さっぱりした喉に残らない(メロン系の甘さって、喉にいがっとした感じ残りません?)気持ちのいい甘さ。
なんか、ほのぼのと懐かしい感じ。
種は一応きれいに取って洗って干しておいたけど・・・。芽が出そうな感じがしなひ・・・(^^;;;
(05/07/26)
| くだもの | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/220076

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM