<< お花見 | main | 2005/04/10のワイン >>

お花見夜

かまとろ かまとろ 筍ご飯 くじら♪
お花見の二次会用にと、親しくしている魚屋さんにお刺身をお願いした。この魚屋の主人は築地の鮪卸の社長と仲がいいため、時々とんでもなくいい鮪を仕入れて来る。そんなとびきりの品が運良くないかな〜と思っていたところ、本鮪のカマトロを入れてくれた。狙い通りv( ̄ー ̄)v
本鮪の、冷凍でなく生で、しかもカマトロとなると、前もってお願いしておかなければ、まず手に入れることができない。お刺身は、鮪カマトロの他に中トロ、中落ち、鯛、イサキという豪華盛り。今日参加した人は運がいい。と言う訳で、筍の蠣油炒め作る時、蠣油のビンの底叩いたらどぼっと出過ぎて味が濃くなってしまったことは勘弁してもらおっと♪(をひ)
ここで何度か取り上げた島らっきょうを味噌で刻みでと箸安めにし、Sさんの持って来て下さった筍をたけのこご飯で戴いて満腹。
お酒は鯨。勿論、ハウス焼酎である(笑)

◆お店データ
魚又:03-3333-5815 当然ながら、カマトロはいつもあるものではない。どうしても食べたい人は、前もってお願いすれば仕入れてくれる(と思う)。ただし、ご主人は数年前に体調を崩され、現在、週3〜4日の営業になっているのでご注意。
| 魚介類 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://manger.tricolore.biz/trackback/113762

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM