2005/07/02の蕎麦とワイン

Freixenet
・Freixenet
今日はLちーさん主催の観戦会。球場には間に合いそうにないので、L亭で途中からTV観戦。
さすがLちーさん観戦会。晴天、つーか暑っ。皆さまが熱中症と戦いながら観戦している時、泡を片手に涼しい部屋での〜んびり観戦♪(ばき)
祝勝会のみ参加とさせていただいていた都合上、勝ってもらわなければならない試合だったのだが、11回まで延長した末・・・惜敗。

このわなわなをどこへぶつけたらいいのだろうと考えあぐねた末、Kくんに蕎麦掻きを作らせようと(をぃ)神楽坂へ向かう。

移転して初めてお伺いする蕎楽亭。以前の店と比べると、格段に広く明るくなった。最初に2人用のテーブル席に案内されたのだが落ち着かず、空くのを待ってカウンターに移動させてもらった。運良く一番奥の席でやっと腰を据えて飲む気になれた。奥の席だったので、焼酎蕎麦湯割を ちびちび ぐびぐびしながら、今回は気兼ねなく写真撮影♪ 御酒用の付き出しは、山出し真昆布の佃煮。いけてます。

鴨 穴子白焼き
・鴨焼き 手前の小皿に見えるのは粉山椒。
・穴子白焼き

うに天 野菜天
季節の天ぷら盛り合わせ
・うに天 あと10皿位おかわりできます。( ̄¬ ̄)
・野菜天 右上から時計回りに ズッキーニ・蓮根・茗荷・平豆。

鮎天 鮎天 鮎天
季節の天ぷら盛り合わせ(続)
・鮎の天ぷら 泳いでいるかのような盛り付けで、思わず激写(笑)

>゜)))彡天
季節の天ぷら盛り合わせ(続)
・手前が鱧、奥が銀宝。銀宝は、ちょうど江戸前のものになったところだとか。夏なのねぇ。

冷麦と十割蕎麦
・最後に冷麦と十割蕎麦を注文。冷麦は初めて戴いたが、透き通った麺が美しく、先ず眼においしい。粉の味わいもしっかりしており、蕎麦の風味が落ちる夏場にはいいかも。


・JAUME SERRA 2001
 お家に帰って〆の一杯。満足ぢゃぁ〜♪ヽ(⌒▽⌒)ノ


あっ、蕎麦掻き忘れたっっ!堯(゜◊ ゜;)ノ
ひゅるひゅるひゅる・・・。

◆お店データ
蕎楽亭:03-3269-3233 飯田橋駅を背に、神楽坂を上がる。左側に東京三菱銀行があるのでその手前の路地を左に曲がり、道なりに行った右手側。
http://www.kyourakutei.com
| お気に入りの店 | 23:28 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

ハマヤの富貴豆

富貴豆

母が、出かけたついでにハマヤで富貴豆を買ってきた。
ハマヤの富貴豆は、いかにも江戸な味付け。炊き上げ方も、ねっとりと柔らかい、というのではなく、どこか豆の歯当たりを残しており、それがハマヤにしかない独特の食感となっている。
富貴という語呂の良さから、祖父の命で私の成人式の時に引き物としてお世話になっているみなさまにお配りした。懐かしい話。

◆お店データ
ハマヤ:03-3668-1886 中央区日本橋人形町2-15-13
| お気に入りの店 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

観戦転じて蕎麦となる(^^;

かもねぎ 穴子2種
前オフ・・・のつもりが本チャンが中止。
イタ飯屋後の行き場を失った我々は、その思いをぶつけるかのように蕎麦屋に乱入。お品書きの中の目につくもの全てを注文して鬱憤を晴らす。
それまでにもかなりの量をきこしめしていたにも拘わらず、どこ吹く風 というペースで飲み続ける皆様方。
・・・で、私はあえなく撃沈・・・。
こゆ時に限って写真を撮っていたりする(笑)。左から鴨焼き(葱付き・胡椒添え)、煮穴子・白焼き。
因みに今日の蕎麦掻きの注文は7つ。K林さん、お疲れ様でした。(いじめかぃ)

◆お店データ
蕎楽亭:03-3269-3233 外堀通りの市ヶ谷と飯田橋の中間(市ヶ谷寄り)にある、牛込中央通りを中程まで上がった左手側
http://www.kyourakutei.com
| お気に入りの店 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

桜転じて蕎麦となる

煮穴子 そばがき 十割蕎麦
本来なら花見の予定だったのだが、開花が遅れそうということでやめ。代わりに何かやらないのぉ?というリクエストにお応えして蕎麦会を決行。

外堀の桜のつぼみをチェックしながら店に向かう。まだぎゅっと硬い感じ。やっぱやめて正解だったね。
店に着くなり、やっぱ蕎麦湯割でしょってことで焼酎をボトルで注文。
おつまみは、ゆば刺・生のり・桜刺・穴子白焼&煮付・蚕豆&こごみ&ふきのとうの天ぷら。どれもなかなかの出来で、うまいつまみと楽しい会話に焼酎がさくっと3本空く。最後の1本は銘柄を変えてお願いし、とどめのそばがきを6つ、ためらいがちに注文すると、お店の小姐もさすがに苦笑しながら厨房に伝えるしかなかったご様子・・・2〜3個でもきつい注文を、すみませんです。
(とここで、飲み食いに夢中でまた写真を撮っていなかったことに気がつく。あ・そーだ!ってことでHPやブログをお持ちのみなさまと急遽撮影会(^^; 何とか撮れたのは、煮穴子の最後の一切れ・そばがき・十割そばのみ。いつものことだが、どーもうまそな食べ物目の前にすると食べることが優先になってしまふ・・・)
そばがきを硬くなくゆるくなく、ねっとりもっちりと上手に作って出してくれる店は本当に少ない。こちらのそばがきは、とろみの強い蕎麦湯に浸して供されるのだが、いい具合に練り上がっていた。わさびを乗せて、一緒に出された醤油(出汁醤油?)をちょぃとつけていただけば、蕎麦の香りが喉から鼻に抜けるように広がる。ボリュームもたっぷりあるのだが、ぺろっと平らげてしまった。
つまみ食べ食べ思ったのだが、この店は醤油、塩、山椒といったアイテムまで気にして使っているようで、その細かい気配りがさらにつまみを嬉しくする。
結構おなかいっぱいになったね、ということで十割を6枚だけ頼んだのだが、うまいものはいくらでも入るのね、4枚追加(笑)
2枚目はちょっと趣向を変え、七味と辛味大根でいただいてみた。これにはそばがきの時にいただいた醤油がとても合う。きりっと締まった感じでまた入ってしまう。おなかいっぱいなのに〜。

ごちそうさまでした。ああ、満足。

◆お店データ
蕎楽亭:03-3269-3233 外堀通りの市ヶ谷と飯田橋の中間(市ヶ谷寄り)にある、牛込中央通りを中程まで上がった左手側
http://www.kyourakutei.com
| お気に入りの店 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

また蕎麦食べちゃった

お蕎麦〜♪
2〜3口食べたところでLさんに「写真撮らなくていいの?」と言われ、慌てて撮った。てな訳でちょっと減っちゃってます(^^;
手前が十割そば、向こうがざる(九割)。
一割しか違わないのに、この色の違いはと言うと、十割は挽きぐるみだから。玄蕎麦でこの細さは滅多にお目にかかれない。確かにちょっと短めの感はあるが、そんなことは気にならないもんね。
あまり時間がなかったので急いで蕎麦だけ食べたけど(でもおかわりはする)、やっぱいいわ、ここ。

いつも持ち帰りばかりで初めて店で食べたが、お品書きを見るとおつまみ類も酒飲み向けのいい品揃え。今度はゆっくり飲みに来たいな〜、と思ったら、ここでの営業は4月いっぱい、5月半ば頃には神楽坂に移転してしまうそうだ。豆腐屋に行くついでの楽しみだったのに・・・(T_T)
でも宴会できる広さになってくれるなら、それもいいか。このついでに、も少し風情を感じられる店(2004/12/30「年越し蕎麦」参照)になってくれることを期待。
さて、蕎麦飲み会いつにしよ o(^-^)o

◆お店データ
蕎楽亭:03-3269-3233 外堀通りの市ヶ谷と飯田橋の中間(市ヶ谷寄り)にある、牛込中央通りを中程まで上がった左手側
http://www.kyourakutei.com
| お気に入りの店 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

年越し蕎麦

20年来付き合っている豆腐屋が市ヶ谷にある。その豆腐屋の手前に数年前できたのが、蕎楽亭(きょうらくてい)。
前を通る度にいつも「石臼挽き」「手打ち」の言葉に惹かれていたのだが、数ヶ月前に初めて食べて気に入って、以来、豆腐屋に行く時には必ず持ち帰りを作ってもらって帰っている。
所謂「手打ち蕎麦屋」で出す量の軽く倍はあるのに、つなぎを1割入れたざるは900円、玄そばを使った十割でも1000円という安さ。
何より気に入ったのは、十割でも細いこと。
よく「田舎蕎麦」として出される十割り蕎麦は繋がりにくいため、普通より太く切られて出され、ごわついた感じを受ける場合が多いが、これはいただけない。しかしここは違う。あくまで細く、蕎麦のつるっとした感触、一噛みすればはらりと崩れてゆくはかなさをきちんと堪能することができる。
しかもここのつゆは私の好きな、しっかりかえりの辛めつゆ。つゆの好みは様々だが、本来の江戸の蕎麦はこうでなきゃ。
某千葉の蕎麦屋の打つ蕎麦と比較するつもりはないが、足の運べる範囲でこういうちゃんとした蕎麦を出してくれる店を見つけられたのは本当に嬉しいことである。
という訳で、昨日に続きまた蕎麦(笑)

ネットで評判を見てみると、ここは冷麦もうまいそうだ。夏になったら試してみようと思っている。

◆お店データ
"蕎麦を食う風情"という意味ではちょっと店内が味気ないかとも思うが、店を食べるわけではないのでこの際気にしないことにする。HPを見ると、カウンターにこだわりをお持ちのようだ。ふらりと立ち寄り、止まり木に止まってみるのも一興かと。
蕎楽亭:03-3269-3233 外堀通りの市谷と飯田橋の中間にある、牛込中央通りを中程まで上がった左手側
http://www.kyourakutei.com
| お気に入りの店 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

クロワッサン (雑誌)



ハッピーフィールドがクロワッサンで紹介された。
冬木さんにこの店を紹介したところ、いたく気に入ってくれたようで週に数回は通ってくれており、今回のクロワッサンへの掲載も、料理研究家である彼女の推薦という形で紹介してくれたのだった。
久我山という小さな町にあるこれまた小さい店が、ネームバリューのある雑誌に紹介されるのは難しい。折角なので、見易くレイアウトして「紹介されましたチラシ」を500枚程作って差し上げた。既に客としてやって来る人も、これを見れば自分が買っている店は間違いないんだと再認識し、何かの折に友達にでも紹介してくれるかもしれない。クチコミの力は大きい。こういう真面目な店が流行ってくれなければ。
なんたって、この店がなくなると困るのはうちだしね(笑)
| お気に入りの店 | 07:17 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

TSUBAKIのこと

私のどゎい好きなワインバーの一つに、TSUBAKIという店がある。
ちょっと小朝に似た椿さんとは、かれこれ15年近くの付き合いになる。彼がまだ六本木にある中華系の飲食店に勤めていた頃、私はその店の料理と椿さんのもてなしが好きで、週に少なくとも1回は通っていた。
仕事がたてこんで暫く行く時間がなくなった後、久し振りに訪れたら椿さんはその店を辞め、独立してワインバーを開いたとのこと。ワインに目がない私は、その足でTSUBAKIに向かい、そこからまた彼との付き合いが始まった。
大晦日、と言っても12時を回っていたのでもう新年になっていた時間に行ってみたら、ちょうど最後の客が帰るところだった。二人きりになった時、彼が開けてくれたのが CHATEAU LATOUR。
ワインのこと料理のこと昔の話など話は尽きず、結局朝まで。年明け最初のワインがLATOURとは。今年はいい年になりそうだ。

◆お店データ
薄暗い、どこか退廃的な感じの店内に、ワイン関係の小物や海外の動物のおもちゃ、ろうそく、万華鏡などが所狭しと転がっていて、一人遊びをしているだけでも飽きない。ただし、万単位のワインしか置いていないので、いい気になって飲んでいると3万5万は軽く行く。逆に、そういうワインをグラス単位で飲めるという利点もあるので、予算と気分によって飲み方を考えれば使い勝手のいい店になる。
TSUBAKI:03-5485-1410 西麻布からビストロ通りに入って100mくらい行った右手側
| お気に入りの店 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ
中国茶入門―香り高き中国茶を愉しむ (JUGEMレビュー »)
菊地 和男
知人の紹介で何度かご一緒させていただいた菊地さんの中国茶の本です。中国茶好きで彼の名前を聞いたことのない人は少ないでしょう。本書は入門と言うには少し難しいかも知れませんが、さすが写真家でいらっしゃる菊地さんの本、お茶の表現は見事です。また、美しい茶器の数々も見所。先日、お茶を戴いたので、後日報告致しますです<(_ _)>
Recommend
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ
つくって楽しい、食べておいしいお取り寄せ (JUGEMレビュー »)
冬木 れい
お友達の料理研究家・冬木れいさんの本が出版されました。安心して食卓に出せるおいしいものの数々が顔を揃えています。母と私が推薦したお取り寄せものもご紹介して戴いています。
Recommend
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36
おいしい紅茶の図鑑―茶葉に合った淹れ方、楽しみ方がわかる 茶葉92種類と、ブランド紅茶36 (JUGEMレビュー »)
山田 栄
リーフルダージリンハウスの山田栄さん監修の本。彼女の熱心な研究の成果がここに詰まっています。天然ボケ系の彼女(^^ゞが、よくぞここまで頑張ったといつも感心しております。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM